×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

事務改善の方法一覧

事務改善はコスト意識をもって

事務 改善の目的としてコストの削減があります。
コストを考えないで事務を行うことは、企業にとっては最悪のシナリオとなります。一体いくらかかるのか。この事務は安いのか高いのか、判断材料がなくなりますね。企業は利益追求する団体ですから、どんぶり勘定では成り立ちません。

業務を実施するときに、一体いくらの経費がかかるのか、そして、改善ツールなどを使って、事務を改善すればいくらコストが削減できるのか。これをやることが重要ではないでしょうか。

事務の改善 提案を行おうとするときには常にコスト意識を頭に入れてほしいですね。コストの意識を持たないで改善提案をすべきではありません。

kosut

事務を進める中では、常に経費は必要です。常にコスト感覚を持って改善提案を行うことで、自然に経営感覚が身についてくるのです。

ではここでコスト(経費)について考えて見ましょう。
仕事にかかる費用は、処理する時間、処...

続きを読む

仕事のスピードを改善する方法とは

仕事のスピードを改善する方法は、人とのつながりで簡単にできることもあります。

事務処理の能力はそんなに変わるものではないのですが、
仕事に差がついて、支えてくれる人が多くなる方法とは。

簡単です。

相談できる人と出来ない人の違いです。

1人の知識、知恵は対してことはないと思います。

頭の中の引き出しの数は、人の数に比例していくと思います。

事務に壁にぶつかったときに、誰かにそうだんできるかできないかです。

確かに、社員の中には、自分が一番と思っている人は結構多いと思いますね。

でも、それだけではないんですね。
今、社会ではコミュニケーションが取れない若者が多くなっているようです。

hitoride


業務上、いいものを作っていこうとするとき、
また、仕事のスピードをあげようとするときは、周囲の考えも聞いて進めたほうが

いい仕事、いいものができ...

続きを読む

トヨタ式の改善|1秒の戦い

トヨタ式の事務改善は、1秒の戦いでもある。

トヨタ方式のカイゼンは、現場優先で常に考え、正確な作業の中でいかに時間を短縮するかが改善を進めるうえで、重要なポイントになってきます。その考え方は、当たり前のことを当たり前にすることが、原点であると言われている。

そして、今、そのカイゼンに対する考え方が世界に広がりを見せているのです。景気の低迷の中、経営改善に取り組む方法として、また早く顧客に対してサービスができるように同様のカイゼンを取り入れる企業が増えているのである。

世界大手のファーストフード 「マクドナルド」も経営改善を行い、業績の向上を目指すため、トヨタ式のカイゼンに取り組むことを決定し、1秒の改善のために現場サイドで試行錯誤を行っているようです。

世界的な景気の減速や雇用の悪化はマックにとっても例外ではないようです。マックも事務の改善方式を導入することで顧客重視のサービスを展開するため、現場の効率アップを目指す理由がここにあるようです。

商品を1秒でも早くお客さんに渡すことができれば、顧客の満足度は向上し、マックにとっては店の知名度がさらに上がること...

続きを読む

事務改善は人材育成で

事務の改善を進めるうえで、人材育成はかかすことはできません。改善提案が組織として定着していくためにも、職員の人材育成は重要な要素となります。

事務の効率化、効率アップのためには、企業の中で、社員が十分に能力を発揮できるような環境をつくることが求められます。企業などのトップは人材育成をどのように進めるかで、業績が左右されるといっても過言ではありませんね。

社員が仕事に生きがいを感じ、輝いていくためには社員教育はもとより、事務の改善に取り組むための人材育成が重要になってきます。

jinzai

社員は、人財育成により改善の手法や業務改善に前向きに取り組むようになり、事務の効率は格段に向上することになるでしょう。そして、自分が受け持っている仕事に対しては愛着ができて、さらに具体的な効率化を求めて改善ツールなどを使って戦う精神力ができていくのではないかと考えています。

ここまでくれば人材育成の目的は...

続きを読む

事務の改善は対症療法ですべきでない

事務の改善の方法で考えないといけないのが対症療法ですべきではないことです。

業務 改善の目的の一つにムダを無くすことがあります。もし、対症療法で改善に望めば、違った方向に進んでしまうことにもなりかねません。そして、無駄な時間と労力、経費を生んでしまうことになるのです。

トヨタ式のカイゼンの方法は、どもでも製品を製造する過程で粗悪な物、検査に通らない物が必ずでてきますが、出口の検査部門を厳しくするのではなく、入り口の製造ラインで粗悪品が出来ないように改善することなんです。

世界のトヨタは、徹底した品質管理を行うときに改善提案を求めます。例えば、粗悪品を出さないために検査部門でより厳しい検査体制を取ったとすると、前にも増して粗悪品が増えてしまいますね。結果コストは増えて、売り上げが伸びないという企業にとっては、生産性が落ちていくことになります。

事務の改善 方法は、なぜ検査にとおらない粗悪品が製造されるのか。
改善提案では、この部分に着眼点を置くべきなんですね。

トヨタ式の改善 提案は、徹底的に生産性を上げる方法として100個の製品を作るときには全てが検査に...

続きを読む

事務の改善には「なぜ?」と問いかけてみる

事務を改善するときには、「なぜ?」と問いかけることを日常化することです。

毎日の仕事を漠然とするのではなく、今のやり方に疑問をもって事務を進めることが重要だと考えています。

特にルーチンワークについては、反復作業となるため、少し視点を変えることにより、飛躍的に効率が上がるときがあるます。

ここで、事務を改善するための、なぜ?がでてきるのである。

なぜ、この仕事をしなければならないのか。事務の必要性があるのなら、作業効率をあげるために何をすればいいのか、考えることが日常的に出来るようになれば、ジムの改善はできたようなものです。

今、自動車業界では、運送業者とメーカーが携帯電話とインターネットを結んで、メンテナンスなどを監視したり、故障の場合はすぐに駆けつけることができるようなサービスの提供が試験的に行われているようです。

今や、ブロードバンドの普及により、事務を改善するためのインターネットの利用は大きな可能性を含んでいます。今年は新型インフルエンザの大流行で、経済にも大きな影響がでるのではないかと、心配されていましたが、今のとことは経済への混乱は少なか...

続きを読む

事務改善で残業ゼロ

事務 改善で効率アップし、残業ゼロを目指しましょう。

今や世界的に経済の悪化により景気は大きく後退しています。残業をしても、手当ても出ない企業もあるのではないでしょうか。

しかし、ここで疑問な点があります。本当に残業しなければいけないのか。考え方を変えれば、残業なんかしなくていいのではないのか。

では、改善 提案という観点から残業を考えて見ましょう。自分の事務のやり方が一番だと思っている方。今までに他の社員の事務処理の方法や書籍などを見て、自分がやっている処理の方法について検討したことがない方は、少し問題があるようです。

時代は大きく変わってきました。パソコンの普及やいろいろなソフトウエアの流通など。数えればきりがないくらいありますね。

今自分がやっている事務の方法がベストなのか、一度確認して見ることが必要ですね。そして、改善提案に成功している人の事例を参考にすることもいいでしょうね。その中には、成功習慣や成功した事務の改善術となるものがあるはずです。

つまり、残業ゼロでも改善の成果・効果があがる仕事習慣をつけることが重要なんですね。そのためにも、第...

続きを読む

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴