×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2012年2月アーカイブ

トヨタ式の改善|1秒の戦い

トヨタ式の事務改善は、1秒の戦いでもある。

トヨタ方式のカイゼンは、現場優先で常に考え、正確な作業の中でいかに時間を短縮するかが改善を進めるうえで、重要なポイントになってきます。その考え方は、当たり前のことを当たり前にすることが、原点であると言われている。

そして、今、そのカイゼンに対する考え方が世界に広がりを見せているのです。景気の低迷の中、経営改善に取り組む方法として、また早く顧客に対してサービスができるように同様のカイゼンを取り入れる企業が増えているのである。

世界大手のファーストフード 「マクドナルド」も経営改善を行い、業績の向上を目指すため、トヨタ式のカイゼンに取り組むことを決定し、1秒の改善のために現場サイドで試行錯誤を行っているようです。

世界的な景気の減速や雇用の悪化はマックにとっても例外ではないようです。マックも事務の改善方式を導入することで顧客重視のサービスを展開するため、現場の効率アップを目指す理由がここにあるようです。

商品を1秒でも早くお客さんに渡すことができれば、顧客の満足度は向上し、マックにとっては店の知名度がさらに上がること...

続きを読む

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴