×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2013年3月アーカイブ

電気代を節約し、省エネを進める方法とは

電気代を節約し、省エネを進める方法はあるのか。
照明器具や照明設備もハイテクになってきていますから、できないはずはないですね。

電気料金の値上げが行われるよういですので、
電気代を節約する事務改善の事例について紹介します。

東日本大震災によって福島原子力発電所が甚大な被害を受け停止し、
放射能汚染が広範囲に広がってしまいました。

現在、日本の原発の1基を除いて停止し、発電に伴うコストの大幅な増額にとって
電力会社は電気料金の値上げラッシュとなっています。

昨年は計画停電も行われましたが、今年は電気代を節約し、省エネ効果を高めるための
事務改善を進める年だと思っています。

今までの照明設備は省エネを意識した設計になっていませんので
電気代は高くなりますね。

きめ細かなスイッチなど付いていないのが実情ではないでしょうか。

あの東京都庁が出来たときは、ワンフロアに照明器具のスイッチが1つしかないので
1人の職員は残業するだけで、ワンフロア全体の照明が付いていたといいます。

まったくのムダですね。

電気代の節電対策には、感知式...

続きを読む

事務改善 本当の目的は

事務改善の目的はどこにあるのでしょうか。
不況の真っ只中で経済性の効率をあげるためには、組織改革だけでは困難な状況ではないでしょうか。

長期の景気の低迷、そして円高に苦しむ日本企業、コスト削減も、はもはや限界まできているような気がしますが、

そんなことを言いながらでも、まだ、内外の非常識な改善提案の具体例を参考にすれば、いくらでも明るい兆しがきえてくるのではないでしょうか。

事務 改善の目的は、コスト削減です。
しかし、それだけの目的ではないですね。

生産、管理部門はにコストを削減する具体例で勝ち抜くことを考えればいいのですが、販売部門などは、また違った改善を進めることが必要ですね。

事務改善の目的はどこにあるのか。改善提案の方法はどうするのか。あるとすれば、他に方法はないのか。

事務 改善の具体例を参考にしながら提案すると、全体像が見えてくる場合もあります。
事例集や具体例があれば参考になりますから、ぜひ整理しておくことをオススメします。

言いかえれば、事務提案の目的がぶれてしまうと、何をなっているのか迷路に入り込むような感覚になってき...

続きを読む

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴