×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ流の改善一覧

トヨタ式で事務処理をカイゼン

トヨタ式で事務処理をカイゼンした保険会社があります。

第一生命保険では、事務処理に必要な書類棚を設置し、処理の時間管理を
することで、15%もの効率化を図ることができたそうです。

すごいカイゼン力ですね。

どこの企業もそうですが、朝、出勤したら社員は1日にする業務の量は分かりません。

いつまで仕事をしなくてはいけないのか、不安になることがありませんか?

1日の仕事量が目に見えると、やりがいもありますし、計画的に進めることもできます。

トヨタ流のカイゼン方式は、トヨタ自動車のOBが事務改善の指導を行うことから
始まります。



保険会社なので、女性社員が多いこともあり、OBは戸惑いはあったようですが、
書類の処理時間の短縮をしながら、業務品質の大幅な向上に成功し、
書類1件当たりの処理時間を15%程度改善で...

続きを読む

トヨタのカイゼンを資生堂が学ぶと

カイゼンと言えば世界のトヨタの名前がでてきますね。

世界の企業が認めたトヨタ生産方式のカイゼンがここにあるのです。   

現場改善のトヨタですから、生産部から提案される事務の改善例は数えればきりがないくらいでしょうね。                

あのマクドナルドさえ、顧客に待たせる時間を0.1秒短縮するためにトヨタ式の事務改善の手法を取り入れたと言われていますから、製造業を中心に改善のノウハウを学びにやってくる企業も多いようです。           

資生堂もその中の一つの企業であり、トヨタのカイゼンを導入して改善を行ったのです。「知恵椿提案制度」と名付けられたのはやっぱり、華やかな椿を盛り込んだ化粧品メーカーだからでしょうね。

資生堂の改善事例は、自発的に社員がカイゼンに取り組み売上アップやコスト削減、顧客満足度の向上などに伴う成果を出すことができれば会社に報告するというものです。でも、どこ企業にもおこることなんですが、最初はたくさんの改善提案がでてきますが、だんだんと改善のネタも尽きて盛り上がりにかけるようになってきます。

しかし、資生堂...

続きを読む

トヨタ流 改善のやり方

トヨタ流の改善の方法は、簡単にいえば当たり前のことをするだけ。
事務の改善では、当たり前のことを当たり前にしておけばいいと言うのだが果たして、改善提案を当たり前にする?とはどういうことなのだろうか。

トヨタ方式の改善とは、当たり前のことをキッチリと継続的にかつ徹底的にやり通すこと。その結果ムダを排除することで効率アップにつながり、生産性が向上することである。

一般的に企業では、事務の改善のやり方はいろいろな方法で実施されて、改善効果を上げているところも多いと思います。

しかし、継続的に改善が行われているのか疑問に思います。カイゼンの目標を定めて、その目標を達成したら、もう事務の改善は必要なしと感じて、終わらせてしまう。現場 改善を達成した錯覚しまうと、それ以上のカイゼンは進んでいかないことになってしまう。

本来の事務の改善はPDCAサイクルに基づいて、一つが改善しても、次の問題点を見つけて、さらに修正を加えていく。この作業の繰り返しなんですけれども、うまく機能していかないことが多いようです。

トヨタ式の改善 提案は、そこでは終わらない。だから世界の、カイ...

続きを読む

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴