×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トヨタ流 改善のやり方

« 事務改善にはこまめにメモること | メイン | トヨタ式の改善|1秒の戦い »

トヨタ流の改善の方法は、簡単にいえば当たり前のことをするだけ。
事務の改善では、当たり前のことを当たり前にしておけばいいと言うのだが果たして、改善提案を当たり前にする?とはどういうことなのだろうか。

トヨタ方式の改善とは、当たり前のことをキッチリと継続的にかつ徹底的にやり通すこと。その結果ムダを排除することで効率アップにつながり、生産性が向上することである。

一般的に企業では、事務の改善のやり方はいろいろな方法で実施されて、改善効果を上げているところも多いと思います。

しかし、継続的に改善が行われているのか疑問に思います。カイゼンの目標を定めて、その目標を達成したら、もう事務の改善は必要なしと感じて、終わらせてしまう。現場 改善を達成した錯覚しまうと、それ以上のカイゼンは進んでいかないことになってしまう。

本来の事務の改善はPDCAサイクルに基づいて、一つが改善しても、次の問題点を見つけて、さらに修正を加えていく。この作業の繰り返しなんですけれども、うまく機能していかないことが多いようです。

トヨタ式の改善 提案は、そこでは終わらない。だから世界の、カイゼンのトヨタと言われているのですね。改善は企業の風土になるまで改善を続けるというものなのである。一般の企業との根本的な違いがそこにあるようです。

事務の改善 提案も考え方は同じです。事務の当たり前のことを、キッチリと徹底的に続ける。事務の改善に終わりはないこと。事務の改善提案のコツは、トヨタ流の方式を基本に、忠実に継続的に行うことにより、改善は着実に進むことになると思います。

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴