×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

事務の改善提案 事例一覧

事務改善を習慣化させ効率アップ

事務の効率をあげていくためには、常に改善することを考えていかないといけません。

改善することを止めてしまったら、また、改善提案することまでも止めてしまったら、事務の効率はあがるどころか、下降の一途をたどることになるでしょう。

事務効率アップのためには、改善することを習慣化させることです。
改善の慣習化とは、どうしたら時間短縮できるのか、人件費を削減できるのか、管理費を削減することができるのか、いつも考えながら事務を進めることなんですね。

改善を慣習化させることで、事務の効率はさらに改善されるようになります。
改善を継続的に実行していくためには、慣習化しなければ、事務改善は進まないと思いますね。

「継続は力なり」と言う言葉があります。
何事も継続が一番なんです。民間においても厳しくしているようでムダはたくさんあるのではないでしょうか。

このムダを改善していこうとして、息切れしては何のための提案なのかも分からないうちに終わってしまいます。

事務の改善がひとつできたからもう改善することはない。これでは、せっかく企業の取組みとしてムダを排除し、効率を上...

続きを読む

事務改善にはこまめにメモること

事務改善で効率をアップするためには、事務用品の付せんなどを利用してこまめにメモを取ることで、改善することができます。

事務改善においてメモることで、その場で起こったことを忘れずに記録することができます。時には、改善提案のすばらしいヒントが出るときがありますから、忘れないうちにメモに書きとめることで、改善提案として活かすことができるのです。

付箋用紙で簡単に事務改善ができるとしたら、いいと思いませんか。
仕事中でもヒラメキや思いつきなどの事務の改善提案を、メモを取ることにより事務が改善し、今の仕事を現状より効率的に進めることができたり、社員とのコミュニケーションを円滑にしたりと、単なるメモのように見えますが、職場全体の雰囲気を安価な付箋用紙で変えることができるとしたら、どうでしょうね。

しかし、メモることを慣習化しないと、意味がなくなってしまいます。
継続していくことで、チョットしたひらめきやアイデアを書き留めることができるので、忘れずにいることができるのです。

その結果、事務の改善により大幅な効率アップにつながることにもなるのですね。
メモを活用した改善提...

続きを読む

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴