事務の改善で効率アップを目指す|改善のネタ、事例満載

事務の改善は、事務の効率化や経費の削減など、コスト意識を高めることで経営感覚を身につけ、企業においては利益を生み出し、地方自治体においては税金のムダ使いなくす有効な手段です。事務の改善 提案でさらに効率をアップを目指しましょう。

スポンサード リンク

事務の改善で効率アップを目指す|改善のネタ、事例満載カテゴリー項目一覧

トヨタ式で事務処理をカイゼン

トヨタ式で事務処理をカイゼンした保険会社があります。

第一生命保険では、事務処理に必要な書類棚を設置し、処理の時間管理を
することで、15%もの効率化を図ることができたそうです。

すごいカイゼン力ですね。

どこの企業もそうですが、朝、出勤したら社員は1日にする業務の量は分かりません。

いつまで仕事をしなくてはいけないのか、不安になることがありませんか?

1日の仕事量が目に見えると、やりがいもありますし、計画的に進めることもできます。

トヨタ流のカイゼン方式は、トヨタ自動車のOBが事務改善の指導を行うことから
始まります。



保険会社なので、女性社員が多いこともあり、OBは戸惑いはあったようですが、
書類の処理時間の短縮をしながら、業務品質の大幅な向上に成功し、
書類1件当たりの処理時間を15%程度改善で...

続きを読む

事務改善を習慣化させ効率アップ

事務の効率をあげていくためには、常に改善することを考えていかないといけません。

改善することを止めてしまったら、また、改善提案することまでも止めてしまったら、事務の効率はあがるどころか、下降の一途をたどることになるでしょう。

事務効率アップのためには、改善することを習慣化させることです。
改善の慣習化とは、どうしたら時間短縮できるのか、人件費を削減できるのか、管理費を削減することができるのか、いつも考えながら事務を進めることなんですね。

改善を慣習化させることで、事務の効率はさらに改善されるようになります。
改善を継続的に実行していくためには、慣習化しなければ、事務改善は進まないと思いますね。

「継続は力なり」と言う言葉があります。
何事も継続が一番なんです。民間においても厳しくしているようでムダはたくさんあるのではないでしょうか。

このムダを改善していこうとして、息切れしては何のための提案なのかも分からないうちに終わってしまいます。

事務の改善がひとつできたからもう改善することはない。これでは、せっかく企業の取組みとしてムダを排除し、効率を上...

続きを読む

事務改善はコスト意識をもって

事務 改善の目的としてコストの削減があります。
コストを考えないで事務を行うことは、企業にとっては最悪のシナリオとなります。一体いくらかかるのか。この事務は安いのか高いのか、判断材料がなくなりますね。企業は利益追求する団体ですから、どんぶり勘定では成り立ちません。

業務を実施するときに、一体いくらの経費がかかるのか、そして、改善ツールなどを使って、事務を改善すればいくらコストが削減できるのか。これをやることが重要ではないでしょうか。

事務の改善 提案を行おうとするときには常にコスト意識を頭に入れてほしいですね。コストの意識を持たないで改善提案をすべきではありません。

kosut

事務を進める中では、常に経費は必要です。常にコスト感覚を持って改善提案を行うことで、自然に経営感覚が身についてくるのです。

ではここでコスト(経費)について考えて見ましょう。
仕事にかかる費用は、処理する時間、処...

続きを読む

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴

アップルコンピュータ