×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2014年9月アーカイブ

トヨタのカイゼンを資生堂が学ぶと

カイゼンと言えば世界のトヨタの名前がでてきますね。

世界の企業が認めたトヨタ生産方式のカイゼンがここにあるのです。   

現場改善のトヨタですから、生産部から提案される事務の改善例は数えればきりがないくらいでしょうね。                

あのマクドナルドさえ、顧客に待たせる時間を0.1秒短縮するためにトヨタ式の事務改善の手法を取り入れたと言われていますから、製造業を中心に改善のノウハウを学びにやってくる企業も多いようです。           

資生堂もその中の一つの企業であり、トヨタのカイゼンを導入して改善を行ったのです。「知恵椿提案制度」と名付けられたのはやっぱり、華やかな椿を盛り込んだ化粧品メーカーだからでしょうね。

資生堂の改善事例は、自発的に社員がカイゼンに取り組み売上アップやコスト削減、顧客満足度の向上などに伴う成果を出すことができれば会社に報告するというものです。でも、どこ企業にもおこることなんですが、最初はたくさんの改善提案がでてきますが、だんだんと改善のネタも尽きて盛り上がりにかけるようになってきます。

しかし、資生堂...

続きを読む

オフィスの改善提案|たくさんの課題の中から見えるカイゼン

オフィスの改善提案では、たくさんの課題の中から見えるカイゼン策を考えて見ましょう。

作業効率を上げる。
消耗品のムダを削減。
エアコンや照明器具の電気代の節約。

数えれば切りがないくらい、オフィスの改善点はたくさん考えられます。

社員のヒラメキですばらしい改善提案が浮かんでくる場合もあるでしょう。

しかし、日ごろの何にも考えて仕事をしていないと思いますから、常に効率的に処理する方法を念頭において仕事をする体質に職場内を変えておけば、1日に1点はオフィスの改善提案はでてくるでしょうね。



情報通信技術(CIT)を使って効率アップを図ることも可能ですね。

パソコンソフト導入による事務処理時間の短縮もできますね。

なぜ、・・・。

もっと早くできないのか。

自問自答しながらオフィスの改善をすることで、い...

続きを読む

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク