×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2014年7月アーカイブ

仕事のスピードを改善する方法とは

仕事のスピードを改善する方法は、人とのつながりで簡単にできることもあります。

事務処理の能力はそんなに変わるものではないのですが、
仕事に差がついて、支えてくれる人が多くなる方法とは。

簡単です。

相談できる人と出来ない人の違いです。

1人の知識、知恵は対してことはないと思います。

頭の中の引き出しの数は、人の数に比例していくと思います。

事務に壁にぶつかったときに、誰かにそうだんできるかできないかです。

確かに、社員の中には、自分が一番と思っている人は結構多いと思いますね。

でも、それだけではないんですね。
今、社会ではコミュニケーションが取れない若者が多くなっているようです。

hitoride


業務上、いいものを作っていこうとするとき、
また、仕事のスピードをあげようとするときは、周囲の考えも聞いて進めたほうが

いい仕事、いいものができ...

続きを読む

事務改善はムダを発見することから

日常の作業の中でムダを発見できるのか。ムダを見つけることができないとジムの改善はできるわけはありません。現状維持が関の山でしょう。

それはなぜか?現状の事務のやり方に満足しているから、ムダはない、考えられないのです。
ここで業務の満足とムダの関係が見えてきませんか。事務の改善提案がムダの発見から始まる理由がここにあるのです。

つまり、仕事を改善するとは今の仕事に満足していたのでは、何も見えてはこないということです。ムダな部分がないのだから。改善するところは全くない。

事務の改善を考えるときには、現状は正しくない。必ず改善するところがある。ムダな部分がある。それは時間、経費など、そして、本当の意味でいるのか、いらないのか。止める必要がなくても、縮小することはできないのか。といった改善方法について検討することは沢山ありますね。

実は日常の事務では、気がつかないところでたくさんの無駄があり、このムダを解消することで事務の効率アップにつながるのです。
問題意識を持ちながら事務を進めるのと、もたないでやるのとは改善に対する認識も全く違ってきます。

事務の改善の一...

続きを読む

事務改善はコスト意識をもって

事務 改善の目的としてコストの削減があります。
コストを考えないで事務を行うことは、企業にとっては最悪のシナリオとなります。一体いくらかかるのか。この事務は安いのか高いのか、判断材料がなくなりますね。企業は利益追求する団体ですから、どんぶり勘定では成り立ちません。

業務を実施するときに、一体いくらの経費がかかるのか、そして、改善ツールなどを使って、事務を改善すればいくらコストが削減できるのか。これをやることが重要ではないでしょうか。

事務の改善 提案を行おうとするときには常にコスト意識を頭に入れてほしいですね。コストの意識を持たないで改善提案をすべきではありません。

kosut

事務を進める中では、常に経費は必要です。常にコスト感覚を持って改善提案を行うことで、自然に経営感覚が身についてくるのです。

ではここでコスト(経費)について考えて見ましょう。
仕事にかかる費用は、処理する時間、処...

続きを読む

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴