事務改善を習慣化させ効率アップ

« 改善提案のアイデア 「ネタ」はこにあり! | メイン | 事務改善 提案制度はどこまで活用できるのか »

事務の効率をあげていくためには、常に改善することを考えていかないといけません。

改善することを止めてしまったら、また、改善提案することまでも止めてしまったら、事務の効率はあがるどころか、下降の一途をたどることになるでしょう。

事務効率アップのためには、改善することを習慣化させることです。
改善の慣習化とは、どうしたら時間短縮できるのか、人件費を削減できるのか、管理費を削減することができるのか、いつも考えながら事務を進めることなんですね。

改善を慣習化させることで、事務の効率はさらに改善されるようになります。
改善を継続的に実行していくためには、慣習化しなければ、事務改善は進まないと思いますね。

「継続は力なり」と言う言葉があります。
何事も継続が一番なんです。民間においても厳しくしているようでムダはたくさんあるのではないでしょうか。

このムダを改善していこうとして、息切れしては何のための提案なのかも分からないうちに終わってしまいます。

事務の改善がひとつできたからもう改善することはない。これでは、せっかく企業の取組みとしてムダを排除し、効率を上げようとしても企業全体の効率は上がりませんね。

PDCAサイクルで考えると分かりやすいと思いますが、計画をたてて、実行する、告次に検証して、問題があれば改善してやり直す。これを繰り返しやっていかないと前進はできません。

事務の改善はいつも習慣化するための事例も考えておかないとダメですね。
改善の習慣化を実現するためには、少し時間がかかりますが、積極的に取り組むべきだと考えます。

業務 改善の習慣化も同じなんですが、まずは、現場ごとの小グループから始めると、社員も取組みやすいと思います。

最初から無理はしないことです。グループワークから習慣化を進めるにしても、職員が共通認識をもっていなければならないので、習慣化マニュアルを作っておくと、簡単な改善事例ができるので便利ではないかと思います。

マニュアルは、一度作ったからといって終わりではありません。グループワークの中から常に最新版を作りバージョンアップしておくことで、スキルも上がってくることでしょう。

社員の意識が変わってくればしめたものです。常に新しい事務の改善提案ができる環境を整えておくことが重要です。

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク