×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

電気代を節約し、省エネを進める方法とは

« 事務改善はコスト意識をもって | メイン | 改善提案のアイデア 「ネタ」はこにあり! »

電気代を節約し、省エネを進める方法はあるのか。
照明器具や照明設備もハイテクになってきていますから、できないはずはないですね。

電気料金の値上げが行われるよういですので、
電気代を節約する事務改善の事例について紹介します。

東日本大震災によって福島原子力発電所が甚大な被害を受け停止し、
放射能汚染が広範囲に広がってしまいました。

現在、日本の原発の1基を除いて停止し、発電に伴うコストの大幅な増額にとって
電力会社は電気料金の値上げラッシュとなっています。

昨年は計画停電も行われましたが、今年は電気代を節約し、省エネ効果を高めるための
事務改善を進める年だと思っています。



今までの照明設備は省エネを意識した設計になっていませんので
電気代は高くなりますね。

きめ細かなスイッチなど付いていないのが実情ではないでしょうか。

あの東京都庁が出来たときは、ワンフロアに照明器具のスイッチが1つしかないので
1人の職員は残業するだけで、ワンフロア全体の照明が付いていたといいます。

まったくのムダですね。

電気代の節電対策には、感知式の照明器具を提案することも必要ですね。

人が事務所や工場内にいないとき、自動で消灯したら減光したりすることが
できたら、経費の削減にもなりますね。

事務所内の明るさによって、照明器具の明るさを調整することができたらいいのです。

自動で、照明器具の明るさを調整する設備もできているので
参考にしたらどうですか。

事務改善によって効率アップにつながり企業成長が出来るのではないかと
考えています。


スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク