×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

事務改善は人材育成で

« 現場サイドからの改善を | メイン | 事務改善を習慣化させ効率アップ »

事務の改善を進めるうえで、人材育成はかかすことはできません。改善提案が組織として定着していくためにも、職員の人材育成は重要な要素となります。

事務の効率化、効率アップのためには、企業の中で、社員が十分に能力を発揮できるような環境をつくることが求められます。企業などのトップは人材育成をどのように進めるかで、業績が左右されるといっても過言ではありませんね。

社員が仕事に生きがいを感じ、輝いていくためには社員教育はもとより、事務の改善に取り組むための人材育成が重要になってきます。

jinzai

社員は、人財育成により改善の手法や業務改善に前向きに取り組むようになり、事務の効率は格段に向上することになるでしょう。そして、自分が受け持っている仕事に対しては愛着ができて、さらに具体的な効率化を求めて改善ツールなどを使って戦う精神力ができていくのではないかと考えています。

ここまでくれば人材育成の目的は達成され、企業を支える事務の改善システムの一つとして成り立っているのではないかと考えられます。

事務の改善提案では、人材育成で大きなウエイトを占めているのが、人材育成研修ではないかと思います。しかし、研修を行ったから人材が育つというものいでありません。

研修を受ける職員が、自分の業務の中でどのように改善でいるのか、問題意識をもてるような研修を受けさせることが必要ではないでしょうか。研修もムダのないようにしなければ意味がありません。

人材育成は、社員の改善能力の向上、スキルアップのために実施されなければなりません。人は財産。企業にとっては当然のことです。人財といわれるように、人で成り立っているのです。企業が生き伸びていくためには、人財育成は重要なポイントになりますね。

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴