×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

現場サイドからの改善を

« 事務の改善は対症療法ですべきでない | メイン | 事務改善は人材育成で »

事務を改善して効率アップを目指すためには、まずは現場からの改善提案が重要なポイントになります。
現場サイドから業務の改善に対する意識が変わらないと、事務の効率化は進まないでしょう。つまり、現場優先の業務 改善が求められているのです。

仕事をしていく上で、最初に事務にしても物づくりにしても関わる人が、仕事の内容を一番熟知しているのです。
そして、現場は常に現状を少しでも改善しようと、効率化を進めようと提案を続けているのです。

仕事の改善を進めるためには、このように現場サイドからの改善提案が重要なことが分かると思います。問題解決のためにその方策を常に考えて、仕事の効率アップにつながるように努力をしているのです。

事務の改善において、現場が中心に立った改善提案が定着しないと、企業全体ではうまくいきませんね。部署別にバラバラに問題意識をもっていたのでは、何も解決は」市内と思います。つまり問題点がどこにあるのか、まとまりはしませんからね。

改善の答えは現場にありです。
効率アップのためには、現場の意見を取り入れることで、現場の問題点が明確化し、その解決も見つけやすくなることから事務の効率化が進むことになります。

現場を優先した改善提案を定着させることで、現場の職員の士気能力はアップし、しいては職場全体のスキルアップにつながることになるでしょう。
職場サイドから改善する環境が整えば、事務の改善 提案もやりやすくなることでしょう。

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴