事務改善 提案制度はどこまで活用できるのか

« オフィスの改善提案|たくさんの課題の中から見えるカイゼン | メイン | 事務改善はコスト意識をもって »

事務の改善を進めるためには、直接現場で仕事に携わっている社員からアイデアを提案できる改善 提案制度を導入することが重要なポイントではないでしょうか。

現在、企業においても地方自治体においても改善 提案制度を作っているところが多くなっています。

過去においては外部の有識者からの意見によって改善しようとする時期がありましたが、特に世界のトヨタ自動車などは、「カイゼンは現場から。」との認識が強く、社内の現場から改善提案を求めるところが多くなってきました。

会社は、熟年した技術者や長年積み重ねられたプロフェッショナルな職員がいる現場サイドからカイゼン 提案を吸収することにより、日々効率化を進めることができるのです。

事務の改善は、企業にとっても社員にとっても、双方にいい意味でプラスに働くことから、相乗効果を生むことになります。そして、企業の将来は、職員のレベルアップにより更なる躍進を遂げ発展と安定することになるのです。

今、戦後初めての長期間にわたる不景気風が吹いています。収益の悪化により企業の業績も極端に悪化しています。社員の採用は控えられ、優秀な人材を確保しようとしていますがはたして、この景気不安の時代を生き残って行くためには、それでだけでいいのでしょうか。

優秀な人材の確保も必要でしょうが、まずは現場 カイゼンするために人材育成が必要です。改善提案が現場からいつでも上がってくるような風土が必要なんです。

そんな改善 提案制度をつくっていくことができれば、効率アップが期待できます。

スポンサード リンク

サイトTOPへ