×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2015年4月アーカイブ

改善提案のアイデア 「ネタ」はこにあり!

改善提案のアイデア、業務改善、それは、どんな仕事でも、運用できます。
業務改善、それはやりたくない仕事には、改善ネタが必ずあります。
それは、経営者の立場の人から見ると大変な気づきがあるかも?
経営者の知らない世界を暴露してみます。

1なぜ、社員はやめていくのか。
2なぜ社員は、改善をしてくれないのか。
3なぜ社員は、残業をしてくれないのか。

なぜ、 なぜ、不思議な業務改善100項目以上、経営者のあなたには一生分かりません!
現場を知っているのは、現場の人間だけ!
たまには社長が 現場100回で、突っ込んできますが社員は迷惑ではないんです。
現場と一緒にやれば、見えない世界の、非常識さが見えてきます。



改善提案が進まないのは、大企業病にあります。
大企業病は改善しなくなる。
大企業病、全員が、無駄をみ...

続きを読む

事務改善はコスト意識をもって

事務 改善の目的としてコストの削減があります。
コストを考えないで事務を行うことは、企業にとっては最悪のシナリオとなります。一体いくらかかるのか。この事務は安いのか高いのか、判断材料がなくなりますね。企業は利益追求する団体ですから、どんぶり勘定では成り立ちません。

業務を実施するときに、一体いくらの経費がかかるのか、そして、改善ツールなどを使って、事務を改善すればいくらコストが削減できるのか。これをやることが重要ではないでしょうか。

事務の改善 提案を行おうとするときには常にコスト意識を頭に入れてほしいですね。コストの意識を持たないで改善提案をすべきではありません。

kosut

事務を進める中では、常に経費は必要です。常にコスト感覚を持って改善提案を行うことで、自然に経営感覚が身についてくるのです。

ではここでコスト(経費)について考えて見ましょう。
仕事にかかる費用は、処理する時間、処...

続きを読む

スポンサード リンク

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴